雨漏り補修

  • シングル葺き工法

建物にとって寿命を脅かす大敵である「雨漏り」。

建物内部に水が入りこんでしまうと、構造部分の劣化や湿った木材が大好物である白アリを呼び寄せてしまうなど、恐ろしい事態を招いてしまう可能性も。
「天井に染みができている」「剥がれたクロスの裏地部分を触ると湿っている」なんて症状はありませんか?
そのような症状がある場合は、すぐに当社の雨漏り修理・雨漏り診断をご依頼ください!

また、雨漏りは屋上や屋根だけが原因とは限りません。
ベランダやバルコニー、外壁、サッシまわりの雨漏りが建物にとって致命的な侵入経路となっている場合もありますので、防水工事の専門家にしっかりとしたチェックをしてもらうのが一番です。
当社では雨漏りの症状や劣化の状態をしっかりと確認し、雨漏りをストップさせる最適なご提案を実施。
皆様の大切な建物を、雨漏りの被害から全力で守ります!

■ このような症状は要注意! 雨漏りのサインをご紹介

☑天井や壁に染み・カビが見られる
☑天井からポタポタと水が落ちてくる
☑防水層に色あせやひび、シートのふくらみ、染みができている
☑排水口(ドレン)部分が詰まっている
☑屋上やベランダに水たまりができている
☑屋上やべランダに雑草が生えている
☑目地部分が痩せたり、ひび割れている

雨漏りが発生してからでは、直せるものも直せなくなってしまいます。
上記のような症状を発見された場合は、できるだけ早く当社にご連絡ください!

■ 症状に合わせて最適な工事を行います

ウレタン防水
液状になったウレタンゴムを塗ることで防水塗膜を形成する、一番ポピュラーな雨漏り対策工事。 凹凸のある屋上で多く採用されています。

シート防水
マンション・アパートの外廊下や外階段のような、形状が単純で面積が広い箇所におすすめの工法。 塩ビ樹脂や合成ゴムのシートを床面に貼り付けることで、雨漏りを予防します。

これらの防水工事は、防水層の補修や改修工事が必要な場合に採用されます。

シーリング工事
外壁材同士のつなぎ目や、サッシまわりの隙間を埋めるために使われる目地材を、“シーリング”といいます。 シーリング部分が痩せたり、ひび割れ・剥がれが生じると雨漏りを引き起こす原因になってしまうこともあるため、打ちかえ工事が必要です。

塗装工事
外壁がひび割れていたり、塗膜の剥がれ・手で触ると白い粉がつく、といった症状がある場合は防水効果が切れかけています。
適切な塗り替えを行い、雨漏り対策を万全にしておきましょう。

【電話】042-937-4805 (代表直通:070-3823-2506)
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】9:00~18:00 (不定休)
【対応エリア】関東全域(一部地域はご相談ください)

一覧ページに戻る