下地補修

外壁のひび割れ・剥がれや、浮いたモルタルをそのままにしていませんか?
たとえわずかな隙間であったとしても、水や湿気は容赦なく建物内部に入り込みます。
浸入した水は、コンクリートや鉄骨に損傷を与えたり、雨漏りを引き起こす原因になりうるため、補修工事は欠かせません。

外壁の種類によって劣化症状が異なるため、ご自宅の外壁の特徴やメンテナンスが必要な時期を押さえておくことが、お住まいを長持ちさせるポイント。
気になる症状を発見した場合は、すぐに当社までご連絡ください。

■ 建物からの危険なサイン

鉄筋コンクリートや鉄骨造・木造など、建材の種類に関わらずどんな建物にも劣化症状は発生してしまうもの。
もしも下記のような症状が見られる場合は、一度躯体の調査を依頼されるのがおすすめです。
愛着ある建物で末永く暮らすためにも、適切な補修・メンテナンスをしていきましょう。

☑目地部分のシーリングの劣化
☑ボードの反りや変形
☑塗膜の劣化によるひび割れや腐食、内部暴発
☑ひび割れ・掛け
☑腐食による剥落
☑カビ・苔の発生
☑外から衝撃を受けた時に起こる割れ・欠け
☑接着剤や目地部分の劣化
☑塗膜の劣化によるひび割れ、変形、腐食
☑外から衝撃を受けた時に起こる割れ・欠け

■ 主な外壁の特徴とトラブル例

サイディング
現在最もポピュラーな外壁材で、窯業系サイディング、金属系サイディング、セラミック系サイディングなど、様々な種類があります。
デザインやカラーが豊富なため、選択肢の幅が非常に多いのが特徴です。
【トラブル例】
☑目地部分のシーリングの劣化
☑ボードの反りや変形
☑塗膜の劣化によるひび割れや腐食、内部暴発

モルタル
水・セメント・砂を混ぜあわせた「モルタル」を主原料とする外壁材。
サイディングが普及する以前は、日本の木造住宅の多くにモルタル外壁が使用されていました。
防水機能が乏しいため、10年に一度の塗り替え工事は必須です。
【トラブル例】
☑ひび割れ・掛け
☑腐食による剥落
☑カビ・苔の発生

タイル
主原料である粘土に、各種の鉱物を混ぜて形成された外壁材です。
耐候性・耐久性・耐火性に優れており、メンテナンスはほとんど必要ありません。
しかしその分、他の外壁材よりも施工費・初期費用が高めになっています。
【トラブル例】
☑外から衝撃を受けた時に起こる割れ・欠け
☑接着剤や目地部分の劣化

ALCパネル
ALCは日本語で「軽量気泡コンクリート」と呼ばれ、珪石・石灰・セメント・アルミニウムを混合してつくられています。
普通のコンクリートよりも格段に軽く、断熱性能の高さが特徴です。
【トラブル例】
☑塗膜の劣化によるひび割れ・変形・腐食
☑外から衝撃を受けた時に起こる割れ・欠け

【電話】042-937-4805 (代表直通:070-3823-2506)
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】9:00~18:00 (不定休)
【対応エリア】関東全域(一部地域はご相談ください)

一覧ページに戻る