シート防水

■ シート防水工事について

合成ゴム系や、塩化ビニルで作られたシートを貼り付けるシート防水は、持ちの良さがその特徴。
接着剤を用いたシートの貼り付けだけで済むことから、施工性に優れています。
また、塗装などのメンテナンスを行う必要が無いものもある、というメリットも。

ゴムシートを使った防水工事の特徴は、伸縮性・耐候性に優れていること。
かかる費用も抑えられ、目立ちにくい箇所の防水や応急処置に向いています。
軽量なことから木造建築への施工にも向いており、保護層として上から塗装材を厚塗りすれば、歩行も可能です。

一方塩ビシートは、紫外線・熱・オゾンへの耐久性が優れています。
カラフルな色・模様を活かしたシートや、施工のしやすさ、鳥害を受けにくいといった特徴も。
シート同士を熱風で溶かして一体化させるため、美しい防水層を手軽につくることができます。

■ シート防水のメリット

ゴムシート
☑低コストの施工が可能
☑伸縮性・耐候性に長けている
☑短工期で施工できる
☑軽量で施工しやすい

塩ビシート
☑ゴムシートに比べ、耐候性に長けている
☑燃えにくい
☑既存の防水層を選ばないので、手軽に施工できる
☑短い工期で施工できる
☑軽量で施工がしやすい

■ 改質アスファルト防水について

最も歴史が長く、信頼性の高いアスファルト防水工事。
アスファルトを含ませたシート状の防水材を使用する工法で、耐久年数が長いという特徴があります。

水密性に優れ、均質な防水層をつくることができる一方、低温下に弱く防水層がもろくなりやすい・ニオイがきついといったデメリットも。
さらに、溶融釜を用いた大掛かりな工法も難点でした。

そんなアスファルト防水のデメリットを解消したのが、「改質アスファルト防水」。
アスファルトに合成樹脂や合成ゴムを混ぜることにより、低温下でのシートの強度が高まったうえ、アスファルトを窯で溶かす必要がないよう改良。
煙やニオイがほとんど発生しなくなったため、近隣の方へのご迷惑を軽減しつつ、確実な防水層をつくれるようになりました。

耐久年数も20年前後と長いため、メンテナンスの頻度を下げながら強力な防水機能を維持します。

■ 改質アスファルト防水のメリット

☑歴史が長く、信頼性が高い
☑水密性・耐久性に優れている
☑耐久年数が長い
☑均質な防水層をつくることができる

【電話】042-937-4805 (代表直通:070-3823-2506)
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】9:00~18:00 (不定休)
【対応エリア】関東全域(一部地域はご相談ください)

一覧ページに戻る